• 会社概要
  • 企業理念
  • 会社沿革
  • 取扱商品
  • 事業所案内

企業理念corporate philosophy

誠実さを持ってお客様より信頼される企業をつくり
靴下を通じて社会に貢献することを目指します。

東京足袋本舗は昭和34年に、創業者 安藤 操によって合資会社として設立され、当初は社名の通り コハゼ付きの足袋を卸していましたが、世の中の消費の変化によって足袋から靴下に業種を変更し、 株式会社になって53年を超える歴史を築いてきました。

これもひとえにお取引先様からのご支援によるものと、心より感謝申し上げる次第でございます。 現在の靴下業界はファッション性や機能性といった、付加価値をもった商品の要求がますます強くなっております。 弊社では多様な消費者ニーズに対応する為、商品の企画提案の充実を図り、取引先様から信頼される ビジネスパートナーを目指しております。

今後とも皆様のご期待にこたえるよう努力を致す所存でございますので、一層のご理解とご支援を賜りますよう お願い申し上げます。


代表取締役社長    安藤 正美